テクテクテクテクで効率よく字の密集地を探す方法

最終更新日

「字」って書いてるけど、今回の記事は「じ」ではなく「あざ」の話です。フォント一切無関係です。

テクテクテクテクとはなんぞや

いきなりですみません。めっちゃ簡単にいいますと、ドワンゴが出してる位置情報を使ったゲームです。

ご存知の方も少数ながらいるかと思いますが、わたし、いわゆる「位置ゲー」好きなんです…。今までIngressやらポケモンGOやら妖怪ウォッチワールドやらを浅くプレイしてたのですが、最近は、遅ればせながら「テクテクテクテク」にも手を出してしまいました。

広告

字(あざ)塗りボーナスがほしい

このゲーム、効率よく進めるうえで「字(あざ)塗りボーナス(小さい町名等で区切られる区域を全塗りしたときにもらえるボーナス)」を集めることが非常に重要になります。

そのため、ゲーム内で表示されるマップをもとに字の範囲を確認し、小さめの字が密集しているエリアを自力で探していくのですが、スマホの小さい画面で探すのは少し骨が折れます。

また、Googleマップやその他の地図サイトで確認しようとしても、「字」単位の区域が見やすい地図はあまりありません。

なんとか字が密集している場所を効率よく探せる方法はないのか!!!!!

といろいろ探したところ、ちょっと使えそうなサービスを見つけたのでご紹介します(・∀・)

広告

地図で見る統計(jSTAT MAP)

https://jstatmap.e-stat.go.jp/jstatmap/main/base.html

こちらのサイト、もともとは統計情報を地図ベースで作成するためのサイトです。

地図で見る統計(jSTAT MAP)は、誰でも使える地理情報システムです。
統計地図を作成する他に、利用者のニーズに沿った地域分析が可能となるようなさまざまな機能を提供しています。
防災、施設整備、市場分析等、各種の詳細な計画立案に資する基本的な分析が簡単にできます。

地図で見る統計(統計GIS) https://www.e-stat.go.jp/gis

サイトを表示し、「ログインしないでGISを始める」をクリックして地図を表示します。(もちろんアカウントを作ってもいいよ)

右上の「行政界<未選択>」となっているところから「国勢調査小地域」を選択してください。そうすると、テクテクテクテクで使用されている字区域に近い(完全に一緒ではないかもしれませんが)境界が、赤いラインで表示されます。

このサイトのオススメポイントは、他の地図サービスより、かなり俯瞰した状態で字の密集具合が確認できるところです。

東京はこの辺の字がまあまあ細かいなーとか。
横浜のこの辺は美味しいぞ、とか。
大阪だとこの辺が良さそう、とか。
テクテクテクテクにおいても京都はやはりチートエリアなのです。
京都市内を拡大すると、上京区・中京区・下京区がさすがに「字塗り対象外地域」にされた理由がなんとなくわかる気がします。

こんな感じで、自分の住んでる場所の字がどんな感じか、見てみるのも楽しいかもですよ。

広告

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください