フォントの作り方

手書きフォントの作り方 第1回【用意するもの編】

2017/03/08

 

――あなたはこんな事、感じたコトありませんか?

「自分の手書きフォント作ったら、年賀はがきの手書き部分で手抜きできるかも」
「自分の手書き文字で作ったフォントを履歴書に使って、面接担当にドヤァしたい」
「フリーフォントってロクなのないよね、だって漢字全部入ってないし」
「フォントって値段高いよね、たかが文字に何千円とか何万円とか」

…わかる!わかるよ!(・∀・)

そう考えていた時期が私にもありました。

広告

これからフォントを作りたい人に捧ぐ!!

(というのは表向きで、本当は「私こんなに頑張ったよ」とアピールするための記事です)

たぬき侍流・「フォントの作り方!」
第1回/現金と時間の準備編

高品質なゴシック体や明朝体は全く別の話として、単純な手書きフォントを作ること自体は(クオリティさえ追求しなければ)難しい技術は必要ありません。

なぜなら、フォントづくり作業の中心は

  1. 「原稿に文字を書く」
  2. 「原稿をスキャン」
  3. 「スキャンした画像をフォント作成ソフトにコピペ」

という単純作業がメインで、基本的なパソコンの知識があれば十分だからです。

しかし!

ある程度の収録文字数があり、実用に耐えるフォントを作りたいのであれば、技術以外に用意しておくべき必要なものが2つあります。

それは、「いくらかの現金」と、「膨大な時間」です。

以下に、今回作成した『たぬき油性マジック』を例にあげて説明します。

現金

  • フォント作成用ソフト(TTEdit):8,000円(当時)
  • A4コピー用紙 約1,000枚:約1,200円
  • 筆記用具(油性マジック約56本):2,800円(購入はダ○ソーだが、大人の事情により消去)

現金 計:12000円


なお、この他にプリンター・スキャナー、当然ながらPC等も必要です。

フォント作成ソフトのTTEditは、30日の試用期間が設けられています。この30日間を利用してフォントを完成させることも可能ですが、フォントを配布する場合には必ずTTEditを購入する必要があります。試用期間を経過しても未送金の場合は、たとえ自分が作成したフォントファイルであっても、そのファイルの使用は許可されていませんのでご注意ください。許諾内容については改変されている場合もありますので、詳細については必ずTTEdit販売元の武蔵システム公式サイトで確認するようにお願いします。

また紙代や筆記用具代なども、単価は小さいものの、7000字以上の膨大な文字を書くとなると『たぬき油性マジック』の場合で4000円程度とそれなりに費用がかかります。

時間

  • 文字を書く時間:1文字あたり平均25秒×7520文字=188000秒=約52時間
  • スキャンした文字をTTeditに貼り付ける作業、大きさ等の調整作業:1文字あたり30秒×7520文字=225600秒=2506.7分=約63時間
  • その他(テンプレート作成・印刷、用紙のスキャンなど):約10時間

時間 計:約125時間

書くスピードや作業効率など個人差はあるかと思いますが、私の場合でおよそ約125時間。例えば1日2時間の作業なら約63日、2ヶ月ほどかかった計算になります。

家族や他人の邪魔が入らず、1日10時間頑張れるなら…三連休を二回潰せばいけるかも?という程度の時間でしょうか。

 

 

と、このように多少のお金と時間は必要…
あっそうそう。
【現金】と【時間】以外に必要なモノがもう一つ。

 

フォント作成後に残る、大量の原稿。

フォント作成後に残された、大量の原稿と、インクが空のマジック。

 

フォントづくりが完了すると、フォントファイル以外に、大量の生原稿が生成されます。
ある程度の収納場所も確保しておきましょう。

第2回につづく

広告

広告

-フォントの作り方

フォントダウンロードページ

1
フリーフォント『エセナパJ』を公開しました。

『エセナパJ』(esenapaJ)は、いわゆる【中華フォント風表現ができるジョークフォント】です。日本語漢字を中国語の漢字字形で表示したり、かな文字をあえて誤字で表示したりしますので、真面目な目的での使用はご遠慮ください。

2
フリーフォント『押出Mゴシック』を公開しました。

『押出Mゴシック(おしだしエムゴシック)』は、M+FONTSで提供されているM+1c Thinに加工を加え、縦画を太くしたフリーフォントです。明朝体のようなアクセントをやや含んだ、クリアで明るいゴシックを目指しました。

たぬき油性マジックの使用例。本屋のポップ風。 3
フリーフォント『たぬき油性マジック』を公開しました。

『たぬき油性マジック』は、普通紙に極太油性マジックで書いた手書き文字から作成した無料日本語フォントです。漢字も多数収録しています。

自由の翼フォントサンプル画像(大) 4
フリーフォント『自由の翼フォント』を公開しました。

『自由の翼フォント』は、TVアニメ『進撃の巨人』第二期オープニングテーマで使用されている書体のデザインをヒントに作成したフォントです。

ようじょふぉんと使用例_置き手紙 5
フリーフォント『ようじょふぉんと』を公開しました。

『ようじょふぉんと』は、文字を覚えたての就学前の子ども(3~5歳ごろ)をイメージして作成した無料日本語フォントです。収録文字はひらがなと数字のみですが、全角カタカナや半角カタカナを利用することで、一つのひらがなにつき3パターンの字形の表現を可能にしています。

6
フリーフォント『Ingress Glyphabet』を公開しました。

『Ingress Glyphabet』はAndroid/iPhoneアプリ『Ingress』内に出現する「Shaper Glyphs」をイメージして作成した欧文フォントです。