フォント作成日記

新しいフォント作成日記(1日目)~アイデアを書いてみる

2016/01/14

唐突ですが、ちょっと新しいフォントでも作るか!と思い立ったので、作成過程を日記として記録します。おそらくは試行錯誤と迷走の連続で、果たして最後まで完成できるのかもわかりませんが、とりあえず独り言のメモということで…。

広告

どんなフォントを作るか?

もう結構前の話になりますが、むかし『たぬき油性マジック』というフリーフォントを作りました。

極太の油性マジックを使った手書き風のフォントなのですが、作成している時は極太マジックを使っていた事もあって、「かなり太めのウェイトだぞー」と思いこんで作っていました。しかし、実際フォントとして完成したら、意外と太くないな…と。

そんなことも踏まえて、今回は更に極太で、インパクトのある「POPっぽい」フォントを作るのが目標です。

 

まず書いてみる

とりあえず、これから作るフォントのイメージを、iPhoneのメモ機能を使ってサササッと…

first-font-image

 

 

あれ違う!!私のなんか思ってたんと違うな…!?(・∀・)

なんかこう、もっと極太のPOPっぽい書体が私の思い描いているイメージなのですが、うーん下手くそ過ぎてうまく書けないなあ…

 

ということでGoogleで画像検索

 

困ったときはグーグル検索…

シンプルに「pop 手書き」で検索してみました。

 

google-search-pop

 

わーこれこれ!(・∀・)

さすがはGoogle、そこには私のイメージしていたものがありました。

いわゆる「パクリ」にならないように気をつけつつ、POPっぽい表現を画像から学んでメモを作り直します。。

 

 

もう一回書いてみる

もう一回、iPhoneのメモにサササッと書いてみました。

 

 

second-font-image

 

  • 一角一角を直線的に
  • 一つの文字の中で、パーツを食い込ませて重ねていく
  • (最後は一番外側の輪郭を太く囲む?)

なんとなく、どういうふうに作っていくかのイメージが出来てきたかな…。

直線的なパーツが多いので、手書きで作るよりPC上で作った方が楽ちんかもですね。

 

 

よっしゃ、本日はこの辺で。

広告

広告

-フォント作成日記

フォントダウンロードページ

1
フリーフォント『エセナパJ』を公開しました。

『エセナパJ』(esenapaJ)は、いわゆる【中華フォント風表現ができるジョークフォント】です。日本語漢字を中国語の漢字字形で表示したり、かな文字をあえて誤字で表示したりしますので、真面目な目的での使用はご遠慮ください。

2
フリーフォント『押出Mゴシック』を公開しました。

『押出Mゴシック(おしだしエムゴシック)』は、M+FONTSで提供されているM+1c Thinに加工を加え、縦画を太くしたフリーフォントです。明朝体のようなアクセントをやや含んだ、クリアで明るいゴシックを目指しました。

たぬき油性マジックの使用例。本屋のポップ風。 3
フリーフォント『たぬき油性マジック』を公開しました。

『たぬき油性マジック』は、普通紙に極太油性マジックで書いた手書き文字から作成した無料日本語フォントです。漢字も多数収録しています。

自由の翼フォントサンプル画像(大) 4
フリーフォント『自由の翼フォント』を公開しました。

『自由の翼フォント』は、TVアニメ『進撃の巨人』第二期オープニングテーマで使用されている書体のデザインをヒントに作成したフォントです。

ようじょふぉんと使用例_置き手紙 5
フリーフォント『ようじょふぉんと』を公開しました。

『ようじょふぉんと』は、文字を覚えたての就学前の子ども(3~5歳ごろ)をイメージして作成した無料日本語フォントです。収録文字はひらがなと数字のみですが、全角カタカナや半角カタカナを利用することで、一つのひらがなにつき3パターンの字形の表現を可能にしています。

6
フリーフォント『Ingress Glyphabet』を公開しました。

『Ingress Glyphabet』はAndroid/iPhoneアプリ『Ingress』内に出現する「Shaper Glyphs」をイメージして作成した欧文フォントです。